トップページ > 相続の基礎知識 > 遺言執行者

相続の基礎知識制度を正しく知って、もめない相続へ!

当事務所にお任せ! → 当事務所にお任せ!
 司法書士と連携し対応! → 司法書士と連携
 提携税理士と連携し対応! → 税理士と連携
 提携土地家屋調査士と連携し対応! → 土地家屋調査士と連携

遺言執行者

遺言執行者とは

相続開始後、遺言書に書かれた内容を実行する人のことです。
 遺言書で指定するか、利害関係人からの申立により家庭裁判所が選任します。

遺言執行者は、相続人や親族を指定してもかまいませんが、公平かつ忠実に実行してもらうために、信頼できる知人・弁護士や行政書士等の資格者・信託銀行に任せることもできます。
 相続開始時に未成年者または破産者は遺言執行者になれません。

弁護士等の遺言執行者への報酬は、遺言の中で指定するか家庭裁判所に決定してもらい、遺産の中から支払われます。

遺言執行者の権限

遺言執行者のみができること

① 子の認知
 ② 相続人の廃除・廃除の取消し

これらを遺言書に書くときは、遺言執行者を指定しましょう。
 遺言で指定がなければ、関係者が家庭裁判所に選任を申立てなければなりません。

遺言執行者の指定がある場合、遺言執行者のみができること

① 遺贈 
 ② 遺産分割方法の指定
 ③ 寄付行為

遺言執行者の指定がなければ、通常は共同相続人が行うことになります。

具体的には

遺言執行者は、遺贈や遺産分割等の遺言書に書かれたことを実行するために、他の相続人の同意を得なくても銀行預金を解約・名義変更したり、受遺者と共同で不動産の名義変更を行うことができます。

窓口では、遺言執行者であることを証明すれば(遺言書・自分の実印・印鑑証明等)手続が可能で、遺産分割協議書や他の相続人の同意書等は必要ありません。(分からずに拒否する銀行もあるそうですが)

生命保険金や企業年金等の手続きは、それぞれの契約で「法定相続人のみ」と規定されている場合は、遺言執行者が手続をできないことがあります。

ページトップへ戻る

≫相続の基礎知識メニューへ戻る

Copyright(C) 2013-2015 行政書士小川裕史事務所  All Rights Reserved.