トップページ > 相続の基礎知識 > 遺言の検認

相続の基礎知識制度を正しく知って、もめない相続へ!

当事務所にお任せ! → 当事務所にお任せ!
 司法書士と連携し対応! → 司法書士と連携
 提携税理士と連携し対応! → 税理士と連携
 提携土地家屋調査士と連携し対応! → 土地家屋調査士と連携

遺言の検認

遺言書は開封せず検認を

函館家庭裁判所

相続開始後、遺言書の発見者(保管者)は遅滞なく家庭裁判所に遺言書の検認の申立をしなければいけません。
 (この時点で被相続人・相続人の住民票と戸籍謄本等が必要になります)

封印がある遺言書を検認を受けずに開封すると5万円以下の過料とされ、遺言書を隠匿・破棄した者は相続人の欠格事由に該当しますので、遺言書を発見したら検認を受けましょう。
 遺言書を書く方も、封筒に入れて封印する場合は、封筒に「開封せず、家庭裁判所で検認を受けること」と書いておくと親切でしょう。

検認を受けると

検認の申立をすると、検認が行われる日時等が記載された「検認期日通知書」が裁判所から相続人全員へ送付されます。他の相続人は、検認に立ち会うかどうかは自由です。

検認は、申立人の面前で法律上の遺言書の形式と照らして「遺言書であること」「遺言が存在すること」を確認し、裁判所で写しを保管する証拠保全の意味合いがあります。
 検認を受けても、遺言書が有効か無効か判断するものではないので、実は別人が書いたとか第三者に強迫されて書いた等の事実が判明すれば、当然、その遺言は無効になります。

検認後、裁判所で「検認済証明書」の交付を受けられ、これを遺言書と共に不動産登記申請などに添付することで手続きが可能になります。

ページトップへ戻る

≫相続の基礎知識メニューへ戻る

Copyright(C) 2013-2015 行政書士小川裕史事務所  All Rights Reserved.