函館|行政書士小川裕史事務所

遺言書の検認

自筆の遺言書を見つけたら

勝手に開封してはいけない

函館家庭裁判所自筆の遺言書を発見した場合は、勝手に開封せず、遅滞なく家庭裁判所に遺言書の検認の申立をしなければいけません。
 (この時点で被相続人・相続人の住民票と戸籍謄本等が必要になります)

封印がある遺言書を検認を受けずに開封すると5万円以下の過料とされ、遺言書を隠匿・破棄した者は相続人の欠格事由に該当しますので、遺言書を発見したら検認を受けましょう。
 遺言書を書く方も、封筒に入れて封印する場合は、封筒に「開封せず、家庭裁判所で検認を受けること」と書いておくと親切でしょう。

検認を受けると

検認の申立をすると、検認が行われる日時等が記載された「検認期日通知書」が裁判所から相続人全員へ送付されます。他の相続人は、検認に立ち会うかどうかは自由です。

検認は、申立人の面前で法律上の遺言書の形式と照らして「遺言書であること」「遺言が存在すること」を確認し、裁判所で写しを保管する証拠保全の意味合いがあります。
 検認を受けても、遺言書が有効か無効か判断するものではないので、実は別人が書いたとか第三者に強迫されて書いた等の事実が判明すれば、当然、その遺言は無効になります。

検認後、裁判所で遺言書に「検認済証明」を受けられ、これにより不動産や預貯金などの相続手続きが可能となります。

迷ったら 当事務所へご相談を

当事務所は こだわります。

安心!納得! "3つの約束"

ご依頼いただいた業務は 迅速かつ丁寧に対応します

気になる費用は 無料お見積り・明朗会計

身近な存在であるために 初回相談は無料

相談だけでもOK! お伺いいたします

当事務所では、極力お客様に足を運んでいただかないように配慮しております。
書類の受け渡しはもちろん、ご相談だけでもお伺いいたします。
ご自宅や勤務先などお客様のご都合がよい場所をお申し付けください。
函館市・北斗市・七飯町は交通費無料です。(※ 一部地域を除きます。)

初回無料相談の詳細はこちら >

まずはお気軽にご相談下さい!

出張相談 対応地域

函館市北斗市亀田郡七飯町茅部郡森町茅部郡鹿部町上磯郡木古内町上磯郡知内町松前郡松前町松前郡福島町檜山郡江差町檜山郡上ノ国町檜山郡厚沢部町爾志郡乙部町二海郡八雲町山越郡長万部町
Copyright(C) 2013-2018 行政書士小川裕史事務所 All Rights Reserved.