トップページ > 相続の基礎知識 > 遺言の種類・方式

相続の基礎知識制度を正しく知って、もめない相続へ!

当事務所にお任せ! → 当事務所にお任せ!
 司法書士と連携し対応! → 司法書士と連携
 提携税理士と連携し対応! → 税理士と連携
 提携土地家屋調査士と連携し対応! → 土地家屋調査士と連携

遺言の種類・方式 当事務所にお任せ!

一般的な遺言は、主に次の2種類です。

自筆証書遺言

自分で書いて残す遺言書です。
 手軽な反面、正しい方法で作成しないと無効になる場合があります。
 

【特徴】

一人でいつでも作成でき、書きなおす場合も手間がかかりません
 ・遺言書の存在や内容を知られずにしておけます
 ・保管場所によっては、紛失や破棄のおそれがあります
 ・相続開始後、家庭裁判所の検認が必要です

【主な注意点】

すべて直筆で書くこと ― ワープロやビデオ、録音は無効です
 ・日付が特定できること ― 「○月吉日」は無効です
 ・押印すること ― 認印も可能ですが、実印の方が無難です

※上記以外にも訂正の方法など細かい要件があるので注意が必要です。

公正証書遺言

公証人の面前で口述し、公証人が書面にする遺言書です。
 公証役場で原本を保管し、正本と謄本を持ち帰ります。

【特徴】

公証役場へ行く必要があります(費用を払えば病床等へ出張可能)
 ・公証人手数料が必要です(相続人の数や財産価格等で決まります)
 ・証人2名が必要で、証人と公証人には内容を知られてしまいます
 ・原本を公証役場で保管してくれるので、紛失の心配がありません
 ・自筆に比べ、遺言書が無効になる可能性は低いです
 ・文字を書くことが困難な場合でも遺言できます
 ・家庭裁判所の検認が必要ありません

ページトップへ戻る

≫相続の基礎知識メニューへ戻る

Copyright(C) 2013-2015 行政書士小川裕史事務所  All Rights Reserved.