トップページ > 相続の基礎知識 > 遺産分割の方法

相続の基礎知識制度を正しく知って、もめない相続へ!

当事務所にお任せ! → 当事務所にお任せ!
 司法書士と連携し対応! → 司法書士と連携
 提携税理士と連携し対応! → 税理士と連携
 提携土地家屋調査士と連携し対応! → 土地家屋調査士と連携

遺産分割の方法

3種類の分割方法

現物分割

遺産分割

不動産は長男に、預貯金は二男に等の様に、財産をありのままの姿で分ける方法です。
 最もシンプルですが、法定相続分と一致することは少なく、不公平と感じる相続人がでてくる可能性が高いかもしれません。

換価分割

相続財産のうち不動産や株式等の全部または一部を売却して、現金にしてから分割する方法です。スムーズに売却できるかどうかがポイントになります。
 土地の売却では、測量が必要になる場合もあります。提携土地家屋調査士にお任せ!

代償分割

代償分割

不動産などを相続したことで他の相続人より多く財産を取得した方が、他の相続人に現金等を支払って、それぞれの取得財産を公平にする方法です。
 相続財産以外の持ち出しが必要となります。

代償分割の注意点

① 遺産分割協議書に記載する

代償分割について記載されていないと、相続とは関係のない単なる財産の贈与とみなされ、贈与税が課税される可能性があります。

② 譲渡所得にも注意

現金以外の資産(もともと持っていた不動産や株式等)で代償分割した場合、譲渡所得となり所得税が課税される場合があります。
 詳しくは税理士にご相談下さい。提携税理士にお任せ!

ページトップへ戻る

 ≫生命保険や債務の相続
  ≫遺産分割協議とは
  ≫相続人に行方不明者・未成年者がいる場合

≫相続の基礎知識メニューへ戻る

Copyright(C) 2013-2015 行政書士小川裕史事務所  All Rights Reserved.