函館|行政書士小川裕史事務所

相続したくない場合

相続放棄

遺産分割の話し合いで「私は何もいらない」と言い、実際に何ももらわなかった場合でも、きちんと相続放棄しなければ借金を相続してしまうことがあります。
 借金等を相続しないためには相続放棄を検討しましょう。

相続放棄

函館家庭裁判所相続財産がある程度把握できたら、3か月以内に、相続するかどうかを決めましょう。
 債務が多い場合は相続放棄をし、一切の財産を引き継がないことも一つの方法です。相続放棄は、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述して行います。

相続放棄した方がいる場合、その方は初めからいなかったものとして扱われ、他の相続人の法定相続分も変わってきます。
 配偶者と子が全員相続放棄すると、新たに被相続人の両親や兄弟姉妹が法定相続人になることがあります。

なお、相続税の基礎控除枠やみなし相続財産の非課税枠を計算する際の「法定相続人の数」は、相続放棄がなかった場合の本来の人数で計算されるので、基礎控除の額は変わりません。

限定承認

借金等の有無が不明のときは

借金があるかどうか不明の場合は、限定承認という方法があります。
 限定承認とは、相続したプラスの財産を上限として債務を負担するものです。
 たとえば、100万円を相続した場合、後に判明した借金が多額であっても100万円だけ弁済すればよいので、最悪でも相続分がゼロになるだけで済むことになります。

ただし、限定承認は、相続人全員が限定承認を選択し、家庭裁判所に申述しなければなりません。
 また、限定承認によって相続する不動産が「みなし譲渡所得」として扱われ、所得税が課税されることがありますので注意が必要です。

期限と条件

相続放棄等をできなくなることも

いずれも、下記に該当すると単純承認(通常の相続)をしたものとみなされ、相続放棄や限定承認はできなくなります。

● 相続人となったことを知った日から3か月以内に家庭裁判所に申述しなかった場合

● 相続財産の一部または全部を処分した場合

● 相続放棄や限定承認をした後で、相続財産を隠したり私的に利用したり、悪意で財産目録に記載しなかった場合

相続放棄等の期限については、正当な事由があり、本来の3か月以内に家庭裁判所に申し立てることにより、期限を延長してもらえる場合があります。

迷ったら 当事務所へご相談を

当事務所は こだわります。

安心!納得! "3つの約束"

ご依頼いただいた業務は 迅速かつ丁寧に対応します

気になる費用は 無料お見積り・明朗会計

身近な存在であるために 初回相談は無料

相談だけでもOK! お伺いいたします

当事務所では、極力お客様に足を運んでいただかないように配慮しております。
書類の受け渡しはもちろん、ご相談だけでもお伺いいたします。
ご自宅や勤務先などお客様のご都合がよい場所をお申し付けください。
函館市・北斗市・七飯町は交通費無料です。(※ 一部地域を除きます。)

初回無料相談の詳細はこちら >

まずはお気軽にご相談下さい!

出張相談 対応地域

函館市北斗市亀田郡七飯町茅部郡森町茅部郡鹿部町上磯郡木古内町上磯郡知内町松前郡松前町松前郡福島町檜山郡江差町檜山郡上ノ国町檜山郡厚沢部町爾志郡乙部町二海郡八雲町山越郡長万部町
Copyright(C) 2013-2018 行政書士小川裕史事務所 All Rights Reserved.